garden, architecture, art

浅草 riverside art, design & culture

 

東京で最も古い寺院である浅草寺の門前町として栄える浅草、隅田川エリアの川辺を散策しながら街の魅力をアート、デザイン、文化とともに紹介します。

 

 

風神、雷神が守護する浅草のシンボルでもある雷門、約250メートルに渡って参道の両側を朱塗りのお店が並ぶ仲見世、左には仁王像の阿形、右には吽形を配置し、小舟町の提灯がかかる宝蔵門、天慶5年(942)平 良兼の長子で武将の平公雅が本堂とともに建立し、その後、倒壊や炎上を繰り返し、その都度再建されてきていている五重塔が浅草寺の中では有名ですが、賑わう中での癒しの場としての小さな滝もお薦めです。

 

 

浅草寺のお隣にある浅草神社の社殿は、第3代将軍徳川家光により建立寄進されたものであり、本殿、貨殿、拝殿より構成されています。浅草神社の三社祭は、江戸風情を残しつつ勇壮且つ華やかな神輿渡御を主として、三日間に亘り約百八十万人の人出を数える日本を代表する祭礼の一つです。

 

 

 

対岸に見える東京スカイツリーを眺めながら、隅田川沿いの隅田公園を散歩。

 

 

言問橋を眺め、下をくぐる。1923年の関東大震災の復興支援事業として建設された橋の一つで景観を鋼構造が路面より低くなっています。

 

 

隅田川の川面や隅田川橋梁を見ながら言問橋を渡り、東京スカイツリーへ。

 

 

東京スカイツリーのデザイン・コンセプトは、「シンプル・イズ・ビューティフル」。

五重塔から発想した日本的な美をもつ東京スカイツリーは、2012年の開業の電波塔です。水族館やプラネタリウムなどを併設する観光、商業施設である東京スカイツリーの真下から眺めは圧巻です。

 

 

東京スカイツリーの横を流れる北十間川のリバーサイドウォークを歩き隅田川へ。

スミダリバーウォーク、東京ミズマチがあり、その先には北十間川と隅田川を結ぶ源森川水門。

 

 

隅田川の東側を散歩し、屋形船乗り場へ。

屋形船で隅田川、東京湾からの夜景を楽しみながら江戸前天ぷらを食すのも粋です。水上バスで川面を眺め、風を感じながら隅田川を下り浜離宮やお台場を訪れることもできます。

 

 

フィリップ・スタルクがデザインした吾妻橋のアサヒビール本社に映るスカイツリーの姿はミニマリストを驚かせるものでしょう。

 

 

吾妻橋からの水上バスクルーズもお勧めのコースです。浅草散策の終わりに、和食ダイニング権八の手巻き寿司を食べて、神谷バーでの電気ブランを飲んでみては如何でしょうか。

Auther:Mamiko Kusano

CREAZIONE Co.Ltd. Director
From Tokyo
2006 Established CREAZIONE Co. Ltd. I mainly work on branding, digital branding, space design, and furniture design.

アーカイブ