garden, architecture, art

羽田 riverside

江戸時代、羽田は漁場が広がる漁村集落として、明治以降は穴守稲荷の門前町として栄えていました。川辺を歩きながら当時の面影を残す街の魅力を紹介します。

羽田空港の横を流れる海老取川、天空橋そばにある羽田空港天空橋船着場からは、迫力のある飛行機の写真を撮るには最適なアンダージェットクルーズが楽しめます。

弁天橋のたもとにある旧穴守稲荷の大鳥居で平和を祈願します。

多摩川河口を上流に向かって歩くと漁村としての名残を見ることができます。釣り船や屋形船も停泊しており東京湾での釣りや夜景を楽しめます。

鎌倉時代に創建された羽田神社は、江戸時代に徳川家の将軍もお参りにくるほど人々から厚く信仰されていたそうです。毎年7月最終週に開催される羽田祭りは城南随一のお祭りです。

朱色の小さな鳥居が続くパワースポット穴守稲荷神社

羽田空港の第一、第二、第三ターミナルの展望デッキより朝陽や夕陽に染まる空、青く広がる晴空を背景にした飛行機と滑走路を望み一息。天候に恵まれれば富士も一望できます。

第三ターミナルの江戸と和をテーマにした江戸小路には、26のレストランが軒を連ねています。

最後はモノレール。

まるでジェットコースターのような運河の上を走るモノレールに乗車し、車窓からの水辺の景色を満喫できます。

Auther:Mamiko Kusano

CREAZIONE Co.Ltd. Director
From Tokyo
2006 Established CREAZIONE Co. Ltd. I mainly work on branding, digital branding, space design, and furniture design.

アーカイブ