garden, architecture, art

日枝神社

 日枝神社は、江戸城の守り神として徳川家から篤く信仰をされ、今でも「山王さん」と人々から親しまれています。祀られている神は滋賀県比叡山の神、大山咋神(おおやまくひのかみ)です。古事記では比叡山は日枝山と書かれており、大山咋神は山の鎮守である地主神として知られています。 日枝神社の名前はこの神に由来しています。平安時代から滋賀県の日枝神社の支社が全国に数多く建てられました。

歴史

日枝神社の歴史は、武蔵野開拓の祖神・江戸の郷の守護神として江戸氏が山王宮を祀ったことにはじまります。1478年、太田道灌は現在の皇居の敷地内に江戸城を建設。城の守護神のために敷地内に山王日枝神社を建てました。徳川家康は江戸に幕府を置き、日枝神社は江戸の守護神となりました。将軍の守護神を祀った日枝神社は江戸の民から篤い信仰を持たれます。1607年、江戸城の外、現在の国立劇場近くの隼町に神社が移転。 これにより、江戸の民は直に神社を訪れ、参拝することができるようになりました。

しかし江戸時代は火事が頻繁に発生、1657年日枝神社と江戸の大部分が火災で焼失しました。 その後1659年に徳川家綱将軍が現在の場所に神社を再建。神社の建物は、朱色の漆塗りを施した権現造で建てられました。 権現造は、本殿の前に拝殿を配置し、板敷の石間でつないだ神社建築の一様式です。日枝神社は江戸初期の権現造の建物として国宝に指定されました。しかし残念ながら、1945年の第二次世界大戦中の東京大空襲で神社の建物は全焼。現在の神社の建物は、山王さんを愛する人々のご尽力で1958年に再建されました。

鳥居

山王鳥居の特徴は、明神鳥居の上部に三角形の破風(屋根)が乗った形をしていて、仏教の胎臓界・金剛界と神道の合一を表しているとされます。山王信仰の象徴であるため、山王鳥居と呼ばれています。 山王信仰とは、最澄が比叡山に天台宗を開いた折、唐の天台山の守護神「山王元弼真君(さんのうげんひつしんくん)」にちなみ、既に比叡山の守護神としてご鎮座されていた日吉大神を「山王権現」と称する、神仏習合の信仰です。 独特の鳥居である事から、分霊社の中にはこの鳥居を模して建立する例も少なくありません。

本殿の天井には、2008年(平成二十年)に日枝神社復興50年の記念として東京藝術大学学長宮田亮平氏の監修でつくられた、鎌倉時代の武蔵野の原野を描いた板絵が嵌め込まれています。

日枝神社の社殿には、ほかの神社と大きく違う特徴があります。それは、境内に狛犬ではなく、鈴木慶雲氏のによって制作され昭和42年に奉納された神猿像が置かれているところです。 猿は、もともと神様と人間のあいだをとりもち、山の守り神として、木や生き物を生み出し育てたと伝えられ、昔から敬われる存在でした。大山咋神が山の神ということもあり、同じく山の守り神とも呼ばれる猿が使いとして重宝されていたようです。本殿に向かって左がメスの神猿像です。子猿を抱いていて、子宝や安産のご利益があると言われています。縁結びや子授け、安産を願う女性も多く、お参りが絶えません。 本殿向かって右がオスの神猿像です。

「さる」という音から「勝る(まさる)」「魔が去る(まがさる)」とも考えられ、勝運の神や魔除けの神として置かれています。音読みの「えん」という音から、猿が「縁(えん)」を運んできてくれると考え、商売繁盛や縁結びの祈願を受けに来る方も多くいます。

神門の表には「日枝神社」、裏(内側)には「皇城之鎮(こうじょうのちん)」の額が掛けられています。表の左右には随神像(ずいじんぞう)が、裏の左右には神猿像(しんえんぞう)が奉安(ほうあん)されています。ともに門に向っての左右です。このような形式の門は、随神門または矢大神門(やだいじんもん)・矢大臣門と呼ばれています。

宝物殿

日枝神社には、宝物を納める「宝物殿」があります。1978(昭和53)年に行われた江戸城内御鎮座500年大祭の記念事業として、その翌年に造営されました。国宝・重要文化財を含む刀剣31口の他、徳川将軍家ゆかりの宝物が多数所蔵されています。

さざれ石

国歌「君が代」にも詠われている「さざれ石」は学名を石灰質角礫岩と言います。石灰石が雨水に溶解して、その石灰分を含んだ水が時には粘着力の強い乳状態となり、地下で小石を集結して大きくなります。やがてその石が地上に出て、国歌に詠まれているように、千代・八千代年を過ぎてさざれ石巖となりて苔がむす、独特な景観となるのです。

日枝神社の末社には、左に山王稲荷神社、右に猿田彦神社が並んでいます。山王稲荷神社は日枝神社の遷座以前からこの地に祀られていた、日枝神社の地主神です。猿田彦神社は、物事を良い方向に導く神様「猿田彦神(さるたひこのかみ)」が祀られています。

山の茶屋は、日枝神社内にある緑豊かな寛永二年の創業の鰻料理の老舗で、 茅葺きの門から建物まで素敵な佇まいです。

日枝神社が隣接する豊かな緑の広がる一角にザ・キャピトルホテル東急があります。洗練された和のたしなみで、四季の移ろいを感じる空間と、日常から解き放たれた「和らぎ」の時間を提供してくれます。日枝神社の鎮守の森を見ながら過ごす贅沢な時間です。

Auther:Mamiko Kusano

CREAZIONE Co.Ltd. Director
From Tokyo
2006 Established CREAZIONE Co. Ltd. I mainly work on branding, digital branding, space design, and furniture design.

アーカイブ