garden, architecture, art

亀戸天神社

Kameido Tenjin Shrine

亀戸天神社は、学問の神様として知られる菅原道眞公を祀っている神社で、「亀戸天満宮」「亀戸の天神さま」とも呼ばれています。福岡県の九州太宰府天満宮に対し、東の宰府として「東宰府天満宮」とも呼ばれた時代もあったそうです。「東京十社」の1社であると共に、湯島天神、谷保天満宮と合わせて「江戸三大天神」として有名です。

2月は「梅まつり」、4月下旬は「藤まつり」、そして10月下旬には「菊まつり」と、四季それぞれに違った風情を楽しめるのもこの神社の魅力です。ちょっと足を延ばせば、東京スカイツリーを訪れることもできますよ。

歴史

亀戸天神者の始まりは、江戸時代前期の1646年に遡ります。九州太宰府天満宮の神官だった大鳥居信祐公が天神信仰を広めるために建立したのが亀戸天神の原型です。1657年の「明暦の大火」で江戸が大きな被害を受けた際、当時の将軍・徳川家綱は亀戸を復興開発事業の土地として定め、亀戸天神に土地を寄付。これが現在の敷地となりました。

3本の橋

本家の太宰府にならい、1662年には社殿、楼門、回廊、心字池、太鼓橋などが造営されました。見どころは、大鳥居から社殿の間、心字池にかけられている3本の橋。上から見ると「心」の字を模した形になっています。「三世一念の理」として、池と橋が人の一生に見立てられており、過去・現在・未来が表現されています。

1つ目の大きな橋が「太鼓橋 男橋」。今まで生きてきた“過去”を表す橋です、橋の中心に立つと境内全体を見渡せます。立ち止まって写真を撮る人が多い場所でもあり、東京スカイツリーがもっともよく見えるこの場所は、絶景の撮影スポットです。

2つ目の橋「平橋(ひらばし)」は、“現在”を表す橋と言われています。3つ目は、1つ目よりも小さな「太鼓橋 女橋」、“未来”を表す橋です。3つの橋を渡るごとに心が清められ、神様の前へと進む形になっています。

手水舎の亀と神牛

女橋を渡り進んだ右手に手水舎があります。亀戸の名前にちなんだのか、ふさふさとした長い尻尾の亀が口から水を出し続けています。

また、拝殿の左側には、「神牛」があります。触れることで病を治し、知恵を授かることができると言われているので、長年たくさんの人に撫でられているのでしょう。ところどころ艶やかに光っています。

藤まつり

亀戸神社は都内でも有数の藤棚を持つ、藤の名所として知られています。約50本の藤が一斉に咲き誇る4月の下旬ごろからは「藤まつり」が開催されて、例年は30万人ほどの人でにぎわいます。紫色の藤の花と、赤い鳥居や太鼓橋の、社殿とのコントラストがとても美しく印象的です。

太鼓橋の上からは藤棚を見下ろすことができるため、下から見上げるのとはまた違った藤の表情を楽しめます。

梅まつり

菅原道眞は特に梅の花を好まれていたそうで、境内には300本を越す梅が植えられています。約40種類もの梅があり、一つ一つの木には、「白加賀」「鹿児島紅」「東雲」など梅の種類が書かれた札もついているので、名札と梅の花を対比させながら1本1本の梅を見ていくのも楽しみです。

境内には、菅原道真公が5歳のときの姿「五歳官公像」もあり、当時詠んだ和歌が書かれています。

鷽(うそ)まもり

亀戸天神では、毎年1月下旬に太宰府天満宮発祥とされる「鷽替(うそかえ)神事」が行われます。鷽とは、実在する小さな鳥の名前です。幸運を招く鳥とされ、毎年新しい鷽(うそ)に取り替えることでこれまでの悪いことが嘘(うそ)になり、幸運を得ることができると信仰されてきました。

「鷽替神事」は、鷽の木彫りを古いものから新しいものに取り替える開運行事で、木彫りの鷽が授与されます。社殿の近くには「鷽(うそ)の碑」もあります。

Auther:Hiroko Hirachi

Writer for website, magazine, and newspaper. Used to be a newspaperman. Also active as a yoga teacher, teaching at temple.

アーカイブ