garden, architecture, art

田安門

北の丸公園にある日本武道館への入口に位置する旧江戸城の田安門江戸城は、長禄元年(1457)に太田資長(道灌)によって創られたとされます。天正18年(1590)徳川家康の居城となり、文禄元年(1592)から大規模な改修が実施され、慶長12年(1607)に天守閣が、寛永13年(1636)に総構(そうがまえ)が完成し、大城郭としての形が整えられました。その後、明暦3年(1657)をはじめ、数度の大火に見舞われたものの、城郭の規模は幕末までほぼ維持されました。

田安門は、北の丸北部に位置する枡形門(ますがたもん)であり、正面の高麗門(こうらいもん)と、その右手奥の櫓門(やぐらもん)からなります。門の創建年代は明らかではありませんが、現在の門は高麗門の扉釣金具に残る刻銘から寛永13年に建てられたものであると考えられています。しかし、櫓門の上部は破損のため大正末期から昭和初期にかけて撤去されていたものを、昭和36~41年度の修理で復旧整備しました。田安門は、江戸城の総構完成当時に遡る現存唯一の建物であり、高い価値があります。1961年国の重要文化財に指定されています。

田安門の名の由来は、築城以前には田安台といって、百姓地で田安大明神(現・築土神社)があったことに由来します。家康の江戸城の築城とともに代官屋敷や大奥に仕えた女性の隠遁所となりました。秀忠の娘・千姫、家光の乳母・春日局(かすがのつぼね)、家康の寵愛した側室・英勝院の屋敷なども北の丸にありました。1730(享保15)年、8代将軍・徳川吉宗の次男・徳川宗武は、分家して御三卿・田安家を興しましたが、この門内に邸を構えたのが田安家という名の由来。田安邸の隣も、清水門内に邸を構えた、御三卿の清水家です。また、宗武の七男が陸奥白河藩第3代藩主・松平定信(白河楽翁)で、ここ、田安門内の田安邸で生まれ、暮らしています。その後、11代将軍・徳川家斉のもとで老中首座・将軍輔佐となり有名な「寛政の改革」を行なっています。

扉は、叩いて延ばした鉄板を鋲で貼付けています。扉の横も、閂も鉄板に覆われて、重厚感があります。大きな面を取った柱と頑丈な建具も立派で、柱と梁の接合部の金物や柱足下の金具の収まりも美しいです。

切石を隙間無く積む「切込接ぎ(きりこみはぎ)」の石垣

Auther:Mamiko Kusano

CREAZIONE Co.Ltd. Director
From Tokyo
2006 Established CREAZIONE Co. Ltd. I mainly work on branding, digital branding, space design, and furniture design.

アーカイブ