garden, architecture, art

深川不動堂

門前仲町駅からすぐにある深川不動堂は、千葉県成田市にある大本山成田山新勝寺の東京別院です。江戸時代から「深川のお不動様」として親しまれてきました。

不動堂で行われる護摩祈祷は煩悩を清らかな願いに昇華していただき、成就させる力をもつと言われています。パワースポットとして人気があり、「お願い不動尊」に触れることができる週末はたくさんの人でにぎわいます。

fukagawafudo

門前仲町

成田山深川不動堂の最寄駅は、門前仲町駅。駅を降りると街中に下町の古き良き風情が残っていて、お寺で焚かれるお香の匂いもかすかに感じられます。

そこに住んでいる人、学生、観光客などさまざまな年齢層の人たちが行き交う街で、「人情深川ご利益通り」と呼ばれる参拝道には活気があふれています。

歴史

江戸時代、1703年に開創された深川不動堂は、成田山の御本尊を江戸に奉持し特別拝観したことに始まります。御尊像は弘法大師自らが敬刻開眼されたと言われており、現在深川不動堂で奉祀する御本尊はその御分身です。

旧本堂とおねがい不動尊

境内に入って正面にあるのが、2011年までの本堂です。関東大震災と第二次世界大戦により、それまでの本堂が消失してしまったため、千葉県印旛沼のほとりにあった龍腹寺の地蔵堂を1951年に移築しました。現在は江東区の指定登録文化財となっていて、区内最古の木造建築といわれます。

内部には「おねがい不動尊」が祀られています。樹齢500年を超える楠の霊木を使用した、国内最大級の木造不動尊像です。土日は「おねがい不動尊」に触れることができるので行列ができます。

本堂

旧本堂の左側で目を引くのが本堂です。開創310年記念事業として建立された新しい本堂です。外壁はお不動様のご真言に包まれた「真言梵字壁」で、仏の力に守護された空間になっています。毎日4回、護摩祈祷が行われ、お寺の外までホラ貝と太鼓の音が響き渡ります。

本堂には「祈りの回廊」と呼ばれる長く静かな回廊があり、まばゆいばかりの1万体のクリスタル五輪塔が並んでいます。一つ一つの五輪塔の内部には小さな不動尊像が納められていて、その数は全部でおよそ1万体。宇宙の構成要素とした「地、水、火、風、空」を五輪塔の形で表現し、宇宙を表しています。

「祈りの回廊」の壁に連なる巨大な数珠を撫でながら参拝することでご利益があるそうです。

内仏殿と大日如来蓮池図

旧本堂の後にある内仏殿の大日堂には3000体を超す大日如来像が祀られています。4階の天井には日本最大級の天井画「大日如来蓮池図」が描かれており、一般公開されています。左右に白とピンクの蓮が描かれ、極楽浄土を表しています。

深川龍神

境内に入ってすぐ左には、パワースポットとして有名な深川龍神があります。龍神さまは水をつかさどる神様で、農業や水産業に携わる人たちからも厚く信頼されてきました。

人気は「龍神願い札」。願いごとを書いて水鉢に入れるとお札がスッと水に吸い込まれるように溶けていき、願い事が龍神の許に届くと言われています。

この手水舎には人が近つくと反応するセンサーが備えられていて、利用する人がいるだけ水が流れるという、環境に配慮した仕組みになっています。

開運出世稲荷とわらじ守り願掛け

境内に入ってすぐ右側には、総檜造り檜皮葺きの社殿があります。成田山新勝寺境内に座す「成田山開運出世稲荷」のご分霊が祀られ、開運成就のご利益があるとされています。毎年2月15日には例大祭、9月15日には開創記念大祭が盛大に執り行われます。

開運稲荷には、「太鼓」がおいてあるので、太鼓をならし、商売繁盛のパワーをいただきましょう。

また、敷地内にはおおきなわらじ「わらじ守り願掛け」も飾られています。足腰の息災を願うお守りで、願いを書いた小さなわらじをここにくくりつけて成就を願うため、常にたくさんの小さなわらじがかけてあります。

fukagawafudo

Auther:Hiroko Hirachi

Writer for website, magazine, and newspaper. Used to be a newspaperman. Also active as a yoga teacher, teaching at temple.

アーカイブ