garden, architecture, art

東京カテドラル聖マリア大聖堂

St. Mary’s Cathedral of Tokyo

東京都文京区にある東京カテドラル聖マリア大聖堂は、カトリック関口教会(1900年創立)の教会堂で、カトリック東京大司教区の司教座聖堂(カテドラル)です。世界的にも有名な日本の建築家・丹下健三氏の設計によって1964年に建設されました。

地上から見上げるだけでは、キリスト教の教会であるとは思えない外観ですが、上空から見るとキリスト教の象徴である「十字架」を象っているのがわかります。ステンレス貼りの洗練されたデザインは、50年が経つ今も色あせることなく人々を魅了し続けています。

歴史と外観

1899年、聖母仏語学校の付属聖堂として創建された当初はゴシック様式の木造の聖堂で、信者席には畳が敷かれていました。1945年、東京大空襲で焼失しましたが、ドイツのケルン教区の支援により再建が決定。1960年から1964年にかけ、東京大学の音響技師と構造技師の支援を得て、丹下健三氏が設計しました。

「世界のタンゲ」と謳われ、代々木第一体育館などを手がけた丹下氏は、現代的な日本のスタイルと伝統的な日本のスタイルを巧みに融合させることで知られています。鉄筋コンクリート造りの聖堂は現代的な構造が特徴で、8面の曲線を帯びた壁、双曲放物線により、大きな十字架を形作っています。

聖堂内部

ゴシック建築やユダヤ教会を思わせる荘厳な雰囲気を持つ大聖堂。空から見ると大きな十字架の形をしていますが、聖堂内から天井を見あげると、天井にあしらわれた十字架形のトップライト(天窓)から光が降り注いでいるのがわかり、その形を知ることができます。

トップライトから降り注ぐ光は神秘的で、打ちっぱなしのコンクリートの質感と相まって、静謐で厳かな雰囲気を作り出しています。

十字架

祭壇の奥には、高さ17メートルもの大きな十字架が掲げられています。

教会といえばステンドグラスの印象が強いですが、こちらは大理石の一種、アラバスター(雪花石膏)を薄く切り出してはめこんだ梯子状の窓になっています。

その窓から射す黄金色の柔らかな光と、トップライトから降り注ぐ美しい光は、ぜひ一度体感する価値があります。

パイプオルガン

教会用としては日本最大級のパイプオルガンは、信者席後方に設置されています。クリアな音色、豊かな残響は大聖堂でしか味わえません。

聖堂ではさまざまなコンサートイベントを行っていて、600席の座席と2,000人分の立ち見スペースから、大聖堂内部を彩る音と光の芸術を楽しむことが出来ます。

結婚式

荘厳な雰囲気の大聖堂での挙式は人気です。

大聖堂では、“二人に幸せな結婚生活を送っていただきたい”という願いから、カトリック信者でない方でも結婚式を挙げることができます。

二人が原則として初婚であること、挙式前にカトリック教会の結婚講座を受講すること、という条件を満たせば、申し込むことができます。

ピエタ像

バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂所蔵、ミケランジェロの大傑作「ピエタ像」の原寸大のレプリカも収蔵されています。原像とまったく同じ大きさで、日本文化財団によって1973年6月に寄贈されたものです。

ルルドの洞窟

聖母マリアが洞窟に泉を出現させたという「ルルドの泉の奇跡」の伝説の洞窟を再現した洞窟が、敷地の一角にあります。純白のマリア像はとても穏やかでやさしい表情をしています。

本場フランスの聖地「ルルドの泉」はカトリック教会の巡礼地になっています

Auther:Hiroko Hirachi

Writer for website, magazine, and newspaper. Used to be a newspaperman. Also active as a yoga teacher, teaching at temple.

アーカイブ